YouTubeチャンネルの最近のブログ記事

 「点字毎日」さんにも取り上げていただいたこともあり、ばっかりばっかりのYouTubeチャンネルのアクセス数が2000を軽く超えました!

 『ゆうこさんのルーペ』という絵本の素晴らしさも相まって、皆さんに喜んでいただけたようで、関係者の皆さんにも、お聞きいただいた皆さんにも、大感謝です!本当にありがとうございます!!



 さて、そのYouTubeチャンネルにアップするコンテンツ第二弾についてお知らせします。


 今年2021年は、江戸時代の全盲の国学者・塙保己一(はなわ ほきいち)先生が亡くなられて200年の節目に当たっています。

 そこで私たちは、またまた日てれ小鳩文化事業団さんのお力添えをいただき、2018年秋に上演した舞台劇『チョットまってホッキー!!』を朗読劇としてリメイクし、YouTubeコンテンツ第二弾としてアップすることにしました!

 キャストも半分くらいが入れ替わり、台本もあちこち見直した上での製作です。


 画面には、聴覚障害のかた向けの日本語字幕(効果音や音楽の情報も文字化します!)と、各キャラクターのアイコンイラストが表示されます。イラストは、2012年版の『だからこそ愛』に出演してくださった柊 獅狼丸改め北山アルトゥーロさんにお願いしました。アルトゥーロさんは、役者であると同時に、イラストレーターでもあるんです。(^^)


 音楽は、前回の『ゆうこさんのルーペ』に引き続き、全盲のバイオリニスト・白井崇陽(たかあき)さんが担当して、オリジナルのBGMを入れていただきます。


 塙保己一さんの命日は912なのですが、残念ながらそれには間に合いそうもありません。

でも、なるべく早めにアップできるよう頑張ります!

 2間程度になりそうな長編で、おそらく聞きごたえ充分となるはずです。どうぞ、ご期待ください!!


 今後、ときおり進捗状況などをお伝えしていきますので、合わせてお楽しみに!!



 <『チョットまってホッキー!!』作品紹介>

ある日発見された着物姿の謎の青年。彼は全く眼が見えなかった!記憶喪失(?)と診断された彼と、女性区役所職員やその娘たちは、手掛かりを調べあぐね、やがて"音声ガイド"を製作するサークルの門を叩いた...

 音声ガイド作りと、タイムスリップ系SFと、母娘愛と、淡い恋の行方......いろいろブレンドしたら、こんなに美味しく楽しくなりました!


 <塙保己一(はなわ ほきいち)って知ってますか?>

 江戸時代中期を生き抜いた盲目の国学者。まだ点字も存在しなかった時代に、現在の日本史の基礎になる『群書類従(ぐんしょ るいじゅう)』という膨大な歴史叢書を編纂。あのヘレン・ケラーもその仕事振りを尊敬し、目標にしたというワールドワイドな有名人です。


 <出演者(五十音順)>

近江美香

北山アルトゥーロ

小嶋佑典(こじま ゆうすけ)

佐藤悠樹(さとう ゆうき)

鈴木橙輔(すずき だいすけ)

檀鼓太郎(だん こたろう)

津久井裕子(つくい ひろこ)

新居草太(にい そうた)

ぺんぺん

美月めぐみ(みづき めぐみ)

結城泰(ゆうき たい)

好沢はる美(よしざわ はるみ)

スクリーンリーダーがうまく読み上げない氏名だけ、よみがなを付けました。


 <スタッフ等>

 作・演出:和風まくだ煮L

 脚本補・演出補:美月めぐみ

 音楽:白井崇陽

 イラスト:北山アルトゥーロ

 録音技術、字幕製作:響き工芸

 台本点訳:曽根純子

 制作:バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり、公益財団法人日本テレビ小鳩文化事業団



 では、続報をお待ちください!!

バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり朗読劇『ゆうこさんのルーペ』

 

ばっかりばっかりYouTubeチャンネル

 

https://youtu.be/MHoSSJn0ChM

 

もしくは

 

https://m.youtube.com/watch?v=MHoSSJn0ChM

 

からご覧下さい!

 

協賛:日本テレビ小鳩文化事業団

脚本・演出:和風まくだ煮L

音楽:白井崇陽(しらい たかあき)

録音技術:響き工芸

 キャスト:ぺんぺん、美月めぐみ(点字朗読者、新居草太(点字朗読者)、好沢は

る美(客演)、津久井裕子(客演)、鈴木橙輔


 原本

 文・絵 多屋光孫(たや みつひろ)

 原案 芳賀優子(はが ゆうこ 

 監修 藤井克徳(ふじい かつのり)

発行所:合同出版株式会社

20201225日 第1刷発行



 障害者と健常者、子供と大人......無意識に存在するわだかまりや心の障壁を乗り越えるのに大切なことは、"コミュニケーション"です。

相手を知ろうとする気持ち、相手に知ってもらおうとする気持ち。それをまっすぐにキャッチボールできるとき、人はお互いのバリアを取り除くことができます。

 それを教えてくれる素敵な絵本『ゆうこさんのルーペ』を、視覚障害者と健常者が混在してエンターテインメント作品を作り上げる劇団『バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり』が、全国津々浦々の皆さんにお届けしたいと考えました。


 原本は、6歳からとなっていますが、障害の有無にかかわらず、大人の皆さんにこそ聞いていただきたい作品です!

 また、この作品の性質上、文章を朗読するだけではストーリーが成立しないため、画の説明を音声ガイドナレーションのようにして、見えなくても楽しめる状態に脚色しました。


 聴覚障害の方向けには、音声ガイド部分も含めた字幕を作成しました。


 さらに、全盲のバイオリニスト・白井崇陽さんのオリジナルBGMが作品を彩ります!



 なお、原案者の芳賀優子様、文・絵の多屋光孫様はじめ、絵本プロジェクトの皆様には、ご了解をいただいております。

2021年9月: 月別アーカイブ

ウェブページ

  • pic

アイテム

  • 44BDB52E-EA42-43D7-BEE9-32616B1FC416.jpeg
  • E9802A0B-7691-41B0-BB47-0823CAF36E36.jpeg
  • ばっかり15表r1.jpg
  • ばっかりちらしおもてr2.jpg
  • 1238429617_09857.jpg
  • toimen_illust.jpg
  • 20090524_02.jpg
  • 20090524_01.jpg
  • 080622.jpg
  • 080619.jpg