2019年9月アーカイブ

 さて、11月のお芝居の詳細がばっちり決まりました。そして、9月4日より、チケットのご予約を開始しました!

 実は今回、視覚障害のかたには点字カレンダーでおなじみの「日本テレビ小鳩文化事業団」様が共催してくださることになりました!

 また、10月13日から日曜の朝3回にわたり、ラジオ日本の『小鳩の愛』という番組に鈴木と美月が出演させていただき、ばっかりばっかりの活動や今回の公演に関して取り上げていただけることになりました!
※これに関しては後日お知らせします。

 ということで、改めて公演のご案内をお送りします。


◆バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり 第二十五回公演
『キョウヨウコウザ Anniversary』

 主催:バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり、公益財団法人 日本テレビ小鳩文化事業団
 後援:(株)アール・エフ・ラジオ日本
 協力:公益財団法人 共用品推進機構

見えなくても、聞こえなくても、楽しめるお芝居!

2019年11月3日(日曜日)から5日(火曜日)
@龍福寺会館(板橋区)

「シャンプーボトルのギザギザ」「牛乳パックの頭に付いてる切り欠き」「音声ガイドや日本語字幕の付いた映画」などの意味に気づいたことのある人はいますか?

ひとりの俳優が、初出演する芝居の稽古場に駆け込む。しかしそこは全盲の女優こそいるものの、素人臭い役者やダメダメな脚本がまかり通る謎の空間だった。やがて明かされる真相。キーワード"20周年"の意味とは?2011年に初演された『キョウヨウコウザ』が、"超・新作的大改訂"を経て復活!

 <日程>
 2019年11月
 3日(日曜日) 昼の部15時~、夜の部19時~
 4日(月曜日・振替休日) 昼の部13時~、夜の部17時~
 5日(火曜日) 昼のみ14時~
(全5ステージ)
※上演時間、約2時間(休憩なし)
※開場は開演の30分前。

 <会場・料金等>
 会場:龍福寺会館(板橋区小豆沢4-16-3)
 アクセス:都営三田線「志村坂上駅」A3出口から徒歩10分。
 もしくは、JR赤羽駅からタクシーツーメーターくらい。
 あるいは、赤羽駅西口よりバスで10分程の「志村四小」下車、徒歩3分。
※ご希望により、志村坂上駅からの誘導をいたします。
 料金:前売り3000円(介助者、学生は2000円)、当日一律3500円。
 定員:各回50名。(予約推奨)

<スタッフ>
 作・演出...和風まくだ煮L
 演出補・選曲...美月めぐみ
 音響...響き工芸
 日本語字幕製作・オペレーション...ぺんぺん
 イラスト・宣伝美術...星川のぞみ

<キャスト(五十音順)>
 カンノナオキ
 桐原かおり(ラック・プロダクション)
 小嶋佑典(こじま ゆうすけ)
 坂口舞梨(さかぐち まり)
 鈴木大輔(ばっかりばっかり)
 美月めぐみ(みづき めぐみ、ばっかりばっかり・全盲役者)
 結城泰(ゆうき たい)
 好沢晴美(よしざわ はるみ)

 <お問合せ・ご予約>
 TEL  090-3818-6424(受付は10時から18時)
 Eメール otegami@bakkaribakkari.net

 メールでご予約の場合、件名を「キョウヨウコウザ予約」として、本文には以下のことをご記載ください。
 1. お名前(よみがなも)(複数の場合は代表のかたのみ)
 2. 希望日時
 3. 人数
 4. 当日配布するプログラムパンフのメディア(普通文字/点字/CD)
※ 点字やCDのパンフをご希望のかたは、10月27日までにご連絡ください。
 5. 視覚障害のかたは、志村坂上駅からの送迎誘導希望の有無(誘導をご希望のかたは、必ず携帯番号をお知らせください)
※ ご希望により、開演時間の40分前に、志村坂上駅からの手引き誘導をいたします。バスや赤羽駅をご利用のかたは、別途ご相談ください。

 <ばっかりばっかりのバリアフリー的取組>
 キャッチフレーズは、"観る側も、演じる側も、バリアフリー"
 "障害役者?普通にいますけど、何か問題でも?"

◎ 視覚に障害のあるかたへの配慮
○ ご希望により、駅からの誘導を行ないます。
○ 全日程、開演10分前より、着席式での舞台説明を行ないます。できるだけ間に合うようにお越しください。
○ 音声ガイド不要の舞台に仕上げています!生の舞台ですので、音声ガイドなしで、耳をフリーにした状態でお楽しみいただけるよう、台詞や音で工夫しています!

◎ 聴覚に障害のあるかたへの配慮
○ 全日程、漫画のフキダシのような日本語字幕でお楽しみいただけます。
○ 字幕だけでは不安な方には、ご希望により、再構成台本をお貸し致します。ご希望は10月27日日曜日までにご連絡ください。また、当日は、1時間前からご入場いただけるように準備いたしますので、場内でゆっくりお読みいただけます!
○ 受付その他で、筆談対応いたします。

◎ 車椅子ご使用のかた
 入り口にスロープがあり、場内はフラットです。
 ただし、洋式トイレはありますが、車いす対応ではありません。ご了承ください。

※年齢・様々な障害などに対応するため、ゆっくりめな展開のお芝居となっております。


 ご予約・ご来場、お待ちしてまーす♪

 

 秋になりましたね!
 芸術の秋、そして舞台の秋です!

 そんなこんなで、我が劇団の主宰・鈴木大輔が、ミュージカルのライブ音声ガイドを、日替わりで3日間担当することになりました!
 また、美月めぐみも、視覚障害者のアクセシビリティに関するアドバイザーとして関わっております。
 ぜひ皆さんにご観劇いただきたい舞台ですので、ここにご案内いたします。


第31回  池袋演劇祭  参加作品、ミュージカル『未完の贈物』

 日程:2019年9月11日- 16日全11ステージ
 劇場:池袋・シアターグリーン「BOX in BOX」
 原作:倉本美香「未完の贈り物-娘には目も鼻もありません-」(産経新聞出版・小学館文庫)、「生まれてくれてありがとう-目と鼻のない娘は14才になりました-」(小学館)

 <イントロダクション>
私はあなたの言葉に救われた。今度は私があなたのように誰かを救いたい。
地球に生まれた「命」には必ず役割がある。
自身の役割が何かという宿題を紐解いていくのが人生。
ドキュメンタリー小説と交差する人生の航海を描くミュージカル。

 <公演日程(全11ステージ)>
 9月11日(水曜日) 19時から(音声ガイド:シグマ7所属声優・竹尾 歩美)
 9月12日(木曜日) 14時から、19時から(音声ガイド:ばっかりばっかり主宰・鈴木大輔)
 9月13日(金曜日) 14時から、19時から(音声ガイド:フリーアナウンサー・上田まりえ)
 9月14日(土曜日) 13時から、18時から(音声ガイド:鈴木大輔)
 9月15日(日曜日) 13時から、18時から(音声ガイド:竹尾 歩美)
 9月16日(月曜日) 12時から、17時から(音声ガイド:鈴木大輔)
※13日は、昼夜共出演者によるアフタートークあり。

 <料金>
S席 6500円 通常前売り 5000円   当日券 6000円
SS席(アクセシビリティ)前売り2500円 当日券 3000円
※視覚障害・聴覚障害のかたは、このチケットをお求めください。
 チケット予約フォーム

 ※視覚障害のかたは、申し込みフォームが使いにくいことと、介助者の無料チケットを購入する選択肢がないこともあるので、電話かファックスで直接お申し込みください。
 TEL:080-3463-6799(担当:J-journey 井戸さん)
 FAX:03-5708-5072

 <アクセシビリティ的配慮>
◎視覚障害のかたへの配慮
 ○ 前公演、ライブ音声ガイドを導入致します。
舞台の進行に合わせて、台詞以外の情景や情報を、アナウンサー・ナレーター・俳優によるリアルタイム中継を行います。
 ○ 舞台の模型を受付にて設置いたします。
→上演前に模型に触れて頂く事が出来ます。
また、その際にスタッフが舞台セットの解説を致します。

◎聴覚障害のかたへの配慮
 ○ 字幕をタブレットに表示いたします。
→舞台の進行に合わせてオペレーターが操作をしセリフや音楽。音の情報などを入れた字幕をタブレットに表示致します。
 ○ 音の振動を楽しんで頂く為の機会を設置致します。
→舞台で使用する楽曲の振動を楽しんでいただける様に設置を致します。

 <出演>
 今泉りえ(主演) / 伊倉愛美 / 大矢剛康 / 清水隆伍 / 五十畑佳澄 / 早馬充 / 植杉美紅 / 岩橋大 / 柄沢次郎 / 他

 <スタッフ>
 原作・監修: 倉本美香
 脚本・演出: 小池樹里杏(ジュリアン)
 プロデューサー: 高橋政彦
 企画・制作: ジェイジャーニー合同会社
 制作協力: 株式会社ジャンゴフィルム
 音楽:田中 和音
 振付:恩田和典
 歌唱指導:藤川梓
 ミュージカル「未完の贈り物」 公式ページ
https://mikannookurimono.com/
 上記URLにアクセスすると詳しい情報を読むことができますが、こちらでは、HPに書かれていない情報も補ってご案内しました。


 

ウェブページ

  • pic